もっと簡単&凄いRD(リアディレイラー)微調整を発見!!

公開日:  最終更新日:2013/07/28

Pocket

こんばんは

今までこの調整法で間違いなくほとんど良い感じで調整は出来ていた。

コツさえ分かればリアディレイラー(RD)調整は簡単 

さらにFD版も作ってみました。

もっと簡単&凄いRD(リアディレイラー)微調整を発見!!

なんですが最近ちょっとした音なりでも許せなくなっている。
だってどのギアでも音が鳴らないのがベスト。

上記リンクでも基本的な調整方法と我流を合体しています。

 

そしてさらなる我流を極めることができました。

ということで最初からの調整方法。この方法が一番ベストで感覚的に調整できます。

 

まず

 

 

フロントがアウターでもインナーでもどちらでも構いません。

リアをトップに合わせます。

 

 

トップ側のネジを回します。

回していくとトップギアとプーリーが一直線になりますが

この時クランクを回すとスプロケとプーリーからガチャガチャ音が出ると思います。

理想はこの音がでずスムースに回ることが必須。

なのでネジを回して音がならない位置にセット。

 

これが下の画像に合致します。

 

 

プーリー側がトップのやや外側に来るかもしれません。

私の場合はやや外側にプーリーが位置します。

そして今度はロー側にセット。

 

ローギアとプーリーが一直線を目指します。

プーリーがやや内側によると

シマノホイール WH-r500はガイドプーリーと干渉することがあります。(インナーローでダンシングすると)

なので出来るだけスポークに当たらない側でセットしてさらにギアを変えながらスムースにローに変速する位置がベスト。

なのでもしかすると一直線ではなくローのスプロケよりプーリーがトップ側にほんの少しよっているかもしれません。

まぁここら辺は一直線がよかろうと思います。

後は調整ボルトをつつきながらインナーでリアを回して音なりない位置でセット。

次にアウターに入れて音なりしないところでセット。これを繰り返して妥協点を見つける。

 

↓   ↓   ↓   ↓

 

これが新たなる我流。

そして今回はさらに微妙な調整

音が鳴っている=抵抗が多くなっているのではないでしょうか??

これを抑えるためにチェーンオイルを吟味するわけですよね。
(抵抗の少ないオイル)
それを逆手に取る方法を見つけました。

それは偶然でしたね。

 

ジテツウ用のクロスバイクですが先日雨の中走ったこととそろそろ油を足さないといけない状況だった。
案の定音なりがする。

ただ、その音なり1箇所のギアだけが不調なんです。
ここだけなんとなしたいな~~って思うわけです。

通常この状態で調整するなら調整ボルトを1/4~1/2回転回すと解消されます。

油しっかりあるとこの音なりはかすかな音にしか聞こえません。
しかし、油が切れていると音なりは調整がうまくいっていないところで顕著に音がなります。
それを利用して!!一番ベストポジションを探せるのではないか??
案の定約1/4回転でばっちり決まっちゃいました。

「なんだ油が切れているほうが調整しやすいじゃん」

 

という超簡単な調整方法を見つけちゃったという感じです。

皆さんも完璧にしたいならこの方法やってみてはいかがでしょうかね??

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑