筆影山(広島県三原市)ヒルクライム 絶景(景色)

公開日:  最終更新日:2012/03/10

Pocket

こんばんは

今日は筆影山の紹介です。

筆影山で止まらず竜王山までのコースをヒルクライムしました。

竜王山まで上ると標高約450mなので竹原市にある朝日山と同じですね。

筆影山まで登るには須波からと和田からの2コースがありますが
より勾配がきつい和田方面から登ります。

路面はいいほうではないが悪くもない感じです。

途中筆掛山展望台にいかず竜王山に!!

そして到着

今回は空気も澄んでいたので絶景でした。

因島大橋が良く見えます。

↓ ↓ ↓ パノラマ写真です


桜の咲く頃くるとまたいいでしょうね。

日は上るつもりがなかったので薄着です。
寒すぎてダウンヒルはやばいです。

太陽の恩恵を受けながら降りた方が良いと思ったので須波方面から降りますが途中とても路面が荒れて砂利が浮いている区間に出くわします。

この魔の100m
荒れた路面に入った瞬間からブレーキはきつく握れません。
さらに路面が荒れているし砂利が浮いているしで速度が落とせません。
それでも下りますが危ないと自分で感じているので上半身に力が入って余計に危ないです。
低速ではありますが速度も落ちません、こけるかと思いましたが何とかクリア。
違う意味で汗が出ました。

こけんでよかったが寒いので須波港にエスケープ
待合で暖をとりました。
ここはストーブがあるのでありがたいです。
15分ほどこの状態で体を暖めたかな~

これ以上ここで休んでいると暗くなるの出発。
来た方向に引き返せばほとんど平地なんですけどやはり山があるほうが今日の自分には良いと感じで忠海方面に進み
2山越えましたが50km走るにはもう8kmくらい足りないので工業団地を上って帰りました。

今日は終始膝周りの痛みもなく結果的にはテンションを維持して楽しいライドが出来ました。

今日思ったのは平地はダラダラ走って上りで頑張りすきないように、ちょっとかんばる程度で走ると楽しいのではないかと思い始めた。
ここ最近坂嫌いもなくなった。
坂があってもなんとも思わなくなった。
上るときの視線が今までと変わった。
平地で頑張るきつさと上りで頑張るきつさを選ぶなのぼりを選ぶよ。おいらは
もしかすると坂が好きになりかけているのかもしれないと・・・・・

でも考えただけでも怖いことです。w

今日の教訓

暖かい格好あるいはウインドブレーカーは携帯するべきである。



シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑