自転車保険を考える2012年

公開日: 

Pocket

こんばんは

 

私の知り合い等も自転車を乗っているとき事故に遭っています。

最近は自転車でも加害者になることも多くあります。

 

そんな時大事なのが保険です。

 

自分を守るためにも是非とも入っておきたいですね。

さて何が必要なのか?

生命保険で良いのではと思われるかもしれません。

 

基本的に生命保険は自分にかかる病気、事故に対する保証でありますが相手に対して発動する保険ではありません。

要するに加害者になったときその支払いをどうするかということが一番重要です。

 

ちなみに私が2年前事故をしたときは生命保険と自転車保険(ヤフーのちょこっと保険)を適応しました。

車であれば任意保険に入っていれば保険会社が仲介してくれる(示談交渉)があります。

ですがこの世の中自転車では示談交渉はありません。

いやあるのはあるのですが特約です。

全労済のマイカー共済

マイカーの任意保険に入ったうえでこの特約に入れば

事故を起こした時に示談交渉してくれます。

事故相手と自分でやり取りするのは結構面倒ですからね。

これだけだと思います。

これは別として自転車保険には何が必要か?

死亡保障、通院保障、入院保障は生命保険でまかなえばいいのです。

先にも書きましたが事故を起こした時 例えば自転車:車=0:100にはならないことが多いので

その時の保証が必要なのです。

これが自転車では個人賠償責任保険です。

聞きなれないかもしれませんが最近では1億まで保証してくれる保険も多くあります。

裁判でも7000万とかの支払いを命じられることがありましたからね。

私も常に何か良いものはないかと思っています。

最近出てきたのはこの自転車保険

 

エアーリンクの自転車保険

年間で3600円

賠償責任補償:1億

それ以外はこんなもんでしょうね。

これで家族全員適応となります。

チューリッヒの自転車保険もありますね。

家族保証にして

エアーリンクと同じような設定にします。

ただ賠償責任:5000万が上限ですが

これで5800円ですので単純に考えるとエアーリンクの方がいいですね。

ただこれを本人だけにするとインタネット割引(1000円適応後)2520円

賠償責任:5000万なのがちょっとネックですか??

 

最後にAU損保の自転車保険

本人だけで計算します

賠償責任:1億

死亡保障:400万

入院一時金:2万

これが4500円です。

 

そしてこの賠償責任保険は火災保険、生命保険などにも特約で安くつけれる事もあるのでそれでカバーしても良いと思います。

まず自分の保険を見てその賠償責任が付けれるかどうかを見てくださいね。

ということで本人だけの自転車保険ならチューリッヒ

家族全員ならエアーリンクの自転車保険ですね。

ここ1年で自転車保険もかなり新しいものが出てきました。

今後も違う保険が登場するはずです。

たまに自転車保険で検索されるとよかろうと思います。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑