クロスバイク選び、スペックの見方など(おすすめクロスバイク)、必要なもの

公開日:  最終更新日:2012/04/14

Pocket

こんばんは

 

クロスバイクってなんですか?

 

わかりにくいですよね。

基本的に書くとマウンテンバイクとロードバイクの中間に位置するバイクをクロスバイクといいます。

 

これでもわかりにくいですよね。

 

見た目で言うとドロップハンドルでないのでロードバイクではなくクロスバイク

フロントサスペンションがないのでマウンテンではなくてクロスバイク

ディスクブレーキじゃないのでマウンテンではなくクロスバイク

要するにマウンテンとロードバイクの良い所を勝手にメーカーが組み込んで売り出しているものです。

サスペンションがついていてもクロスバイクとして売られているものもありますからね。

自転車を買うにあたって必ず必要なものがあります。

ヘルメットでしょ。ライトでしょ。チューブでしょ。タイヤレバーでしょ。空気入れでしょ。

ヘルメットはかぶらないといけないという法律はないので良いですがあったほうが安全のためにいいですよ。

その他は必ず必要です。

おすすめは
パナレーサーのポンブ チューブ、タイヤレバー、

パナレーサーのミニフロアポンプはフロアポンプと名がついてあるだけのことはあります。
楽に空気を入れることが可能です。おすすめです。

そして鍵は絶対必須です。ないとコンビニに入るにも安心感が違います。

出先でパンクするとチューブ交換出来た方がいいですね。

その場では新しいチューブを使って穴があいたチューブは持ち帰って

修理キットで修理します。

最終的には自力でパンク修理できるようにしたいですね。

 

さて本体の話に移ります。

まずフレーム素材です。

クロスバイクにフルカーボンはこだわりがない限り必要ないですよ。

通常安価なアルミフレームが主流です。

がフロントフォークがカーボンだったりするものもあります。

もちろんクロムモリブデン(俗にいうクロモリです)

アルミとカーボンの大きい違いは

路面から来る振動をカットすることが得意かどうかの違いです。

クロモリはまたちがった振動吸収があるのでアルミよりも振動吸収がいいです。

というわけでコスパに優れたものを書いてみましょう。

スペック

とりあえずジャイアント エスケープ R3で見てみます。

 

 

購入時気になる箇所は

フレームの素材、フロントフォークの素材、フロントギアの枚数、リアのスプロケットの枚数と歯の枚数でしょうね。

他にも拘りたいところですが価格との相談となります。

 

フレームの素材はアルミ

フロントフォークはCr-mo(クロモリ)です。アルミだと固くなるのでクロモリを使っているのでしょう。

ギアクランクはフロントギアの歯の枚数

28/38/48Tのギアなので楽に走れますね。

クランクの長さです。そんなに気にすることではありません。

チェーン、F,ディレイラー、R,ディレイラー

シフターはグリップシフターです。

グリップシフターはこんな感じ

ちなみにちょっと高級になるとシフターがこのようになります。

 

基本的にハンドルを握って回すか?指で楽にカチカチ変えるかの違いです。

こういうところにこだわる人はこだわります。

リアのスプロケットが11-32T 8S(8枚)なのでかなりの上りでも一生懸命漕がなくてもあがれます。

その他はシートポスト、サドルであったりステムの長さであったりしますがここも無視ですね。

だって変える可能性が高いパーツですからね。

 

ちなみに私はアンカーF9に乗っていますのでそのスペックを見てみますと

 

アンカーF9はクロスバイクの中でもロードよりです。

フレームはアルミ

フォークはカーボン

フロントのギアは2枚 50-36T

リアのギアは9枚で13-25T 9S(9枚)

シフターは上記に書きましたシフターです。

エスケープR3とも大きく違う点ですね。

さらに大きく違う点は

ホイール(車輪)

エスケープのホイールは重たいものがついています。

前後で前輪が1050g、後輪が1280gで合計2330g

アンカーF9はWh-R500です。

前後で前輪が850g、後輪が1100gで合計1950g

約400g違いますがこの違いは大きいですよ。

走り出しも上りも全然ちがいますからね。

 

価格差ですがエスケープR3は52500円 アンカーF9は105800円と倍ちがいますね。

本体の重さエスケープR3  10.9kg アンカーF9 10.2kg

シマノ製のパーツが多く使われているのはアンカーですね。

ここで考えますとエスケープが安くていいですよね。

もちろんそうです。しかし、もっと乗りたい自転車が好きになってしまうとエスケープのパーツをつつきたくなります。

ホイール変えると1万以上

エスケープR3のシートポストはサスペンションなので疲れやすくなることがありますしサドルもフカフカすぎるのでダメだとなると

それだけで約1万飛んでいきますね。

シフターもグリップだし等等考えると10万すぐいっちゃいます。

私はほぼ純正ですがサドルとステムは好みがあるので変えています。

普通だったら変えなくてもよい代物です。

アンカーは乗りやすい

これはクロスバイクにも言えますね。

さすがメイドイン日本(made in JAPAN)ですね。

F9じゃなくってもF7でもいいと思います。

ランクは下がっても乗りやすさは同じです。

少し触れておくとF7はフォークがアルミ リアのギアが8枚 とど真ん中のクロスバイクですのでおすすめです。

なんだかんだ書きましたがどちらもエスケープもアンカーどちらもおすすめです。

選ぶのはあなたですからね。


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑