tsvx

edge500を使うなら必ず?Garmin Connect設定方法&便利

こんばんは

edge500の記録をPCで見たりするにはどうしてもガーミンコネクト(Garmin Connect)を使うほうがいい。

だってGAMINサイトのソフトだからね。

というわけでガーミンサイトに行ってみる。

 まず最初にカーミンの登録をしてください。

これをしないと何も始まりません。

 

 

・「Garmin Training Center」について
GPSからANT Agentによってパソコンに転送された走行データを受信して管理することができ、ワークアウトやコースを作成し、 デバイスに転送できるソフトウェアです。

ルート作成やルートラボから落として作成したりするときに重要です。

・「Garmin Connect」について
GPSからANT Agentによってパソコンに転送された走行データを、GoogleMap上に走行コースを閲覧することができるウェブアプリケーションです。
走行データの管理や、ゴール(最終目標)を作成し、GPSに転送することもできます。
ご利用いただく為には、下記にて「マイガーミンアカウント」を作成する必要があります。
ガーミンコネクトはこちら
日本語表示にするには、画面右下の「Choose a Language」(英語表示になっている場合)を「日本語」に変更してください。

 edge500でもなんでもPCとサイトのソフト等をつなぐために プラグインが必要です。

 ・「Garmin Communicator Plugin」について
GPSからANT Agentによってパソコンに転送された走行データを、「Garmin Connect」に転送する為のソフトウェアです。

これがないと転送できませんので必ず必要です。

ガーミンコネクトにもトレーニングセンターにもベースキャンプにもこのプラグインがいります。

 

最近は日本語が登場しているので割と楽にできると思います。

まず登録してどのガーミン製品を使っているかなど詳細を入力します。

 

その後edge500をUSBでつなぐとデバイスを認識し始めます。

認識するも自動でアップしないので手動でアップロードします。

バーションアップもここでできるので接続した時にDLして取り込みます。

 

edge500はPC上で入力しないと表示しない箇所があります。

それは心拍強度の%です。

 

というわけで設定→トレーニングゾーンで設定します。

 

こうしてログを見たり登録したりします。

ごくまれに本体が全然動かないことがあります。
オールリセット(4つすべてのボタンを同時に押す)と直ります。

そして705や800のようにナビのような使えます。
それはコース機能で地図はないですがGPSでコースを表示してトレースした道を走るとナビ機能になります。
結構使えますよ。

やり方はルートラボでコースを作るなりあるものを見つけてそこからTCXファイルをPCにダウンロードします。TCXは青色で囲ったところ

方法は

パソコンにEDGE500本体をUSBケーブルで接続します。

次に「GARMIN edge500」フォルダを開きます。

その中にある「COURSES」フォルダに、ファイルをコピーします。

これで完了です。

メニュー画面→「Training」→「Courses」→コピーしたコース名 の順に選択します。

そうすると使えるようになります。

画像はまた挟み込みます。

edge500もこういうマウントを使うと走行中画面が見やすいですよ。

 

ハンドルより前にあると視線がかなり違うのでいいですよ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

WP-SpamFree by Pole Position Marketing